ローちゃん日記

日常だったり野球だったり競馬だったりオタクだったり

2019年プロ野球順位予想

簡単に順位予想書きます。

セ・リーグ

1位 広島カープ

→丸が抜けても打線が厚いことに変わりはないし、特に不安は無いのでは。強いていえば中継ぎ。

 

2位 読売ジャイアンツ

→補強して投打のバランスは取れた感。先発のコマも揃って、Aクラスは盤石と予想。あとは捕手の固定と若い外野の台頭あれば優勝も。

 

3位 横浜DeNAベイスターズ

→打線の破壊力は広島以上と思う。二遊間が固まって、先発が整理されれば大仕事があっても不思議ではない。

 

4位 ヤクルトスワローズ

→4位予想だが、こちらもAクラス圏内。山田を軸にした打線がどれだけ爆発するか。そして投手陣が踏ん張れば。

 

5位 中日ドラゴンズ

→個人的にダークホースとして注目。課題の得点力が年々上昇傾向にあり、高橋周平の成長など楽しみな話題が多い。捕手が育ち、ワンパンチ加わればAクラスに入っても不思議ではない。

 

6位 阪神タイガース

→投手陣はいいが、課題の得点力は伸び悩み、オープン戦は苦戦。若手野手の成長待ちが否めず、あと数年は苦しい。ファンなだけになんとかして欲しいが...。

 

 

パ・リーグ

1位 日本ハムファイターズ

→オフの補強に目を引くものがある。補強した大王と金子がオープン戦で好調。打線も厚みを増し、優勝へ順風満帆。

 

2位 ソフトバンクホークス

→柳田を核とした破壊力に頼らない野球を知り尽くした打線、安定感のある投手陣が魅力。とはいえ、主力野手が若干高齢化している事が気がかり。Aクラスは当確だと思うが、もうワンパンチ欲しい。

 

3位 西武ライオンズ

→山賊とうたわれる打線は今年も健在で、浅村の穴を埋める若手野手も豊富。しかし、投手陣は不安が残り今年も打線頼りな面は否めない。自慢の破壊力でどれだけ押し切れるか注目。

 

4位 楽天イーグルス

→Aクラスと遜色のない戦力が揃っている。オフに浅村を補強、更に田中和基が今年も調子が良さそうで打線は問題ないだろう。投手陣も駒が揃っている。1つ噛み合わないとズルズルと行ってしまうが、優勝争いまである。

 

5位 千葉ロッテマリーンズ

→少しずつチームの形が整いつつあり、そこに加わった新戦力のレアード、バルガスに期待がかかる。ワンパンチ足りない打線にも見えるが、中村と井上が昨年くらいやれれば大仕事が期待できそう。しかし、勝ちパターンが行方不明なのが怖い。西武ほどの破壊力も無いため、その分だけ上位4チームとは差があるか。

 

6位 オリックスバファローズ

→破壊力がある打線ではあるが、中軸頼みの面は否めず。しかし投手陣が少しずつ整理されてきているため、打線にもうワンパンチ加われば。1番の懸念材料は西本願寺監督。

 

 

以上です。

Trinity Fieldについて

どもども。ここ3週間で30K近く競馬で飛ばしたローちゃんです。

先ほど今年の総決算(?)にあたるシンデレラガールズ6thライブ in ナゴヤドームから帰宅したばかりです。楽しいこともあり、感動的なこともあり、新しいスタートに不安を覚えたり、風邪をひいてしまったり.....様々なことがありました。

 

さて、今回お話するのはTrinity Fieldについてです。

ご存知の方も多いと思いますが、僕は北条加蓮さんと所属ユニットのTriad Primusの担当です。デレアニでTrancing Pulseを聴いてから、これは魂震えるわ...と思い担当を決意。その後、デレステの加蓮コミュで感動、心を打たれて今に至ります。

 

結論から言います。

ナゴヤドームで披露されたTrinity Fieldは素晴らしいものでした。感動し、魂が震え、自然と涙がこぼれました。

 

初日は直前の∀NSWERで高まり由伸になって油断し、心の準備が出来てないまま呆然と見てしまい、パフォーマンスの細かいところまでは見る余裕がありませんでした。そんな中で覚えてるのは、3人がステージの真ん中でお互いをぶつけ合い、高め合い、1つのトライアングルを作る姿でした。

 

そして迎えたナゴヤドーム決戦最終日。

験担ぎに岡田幸文のタオルを首に巻き、アリーナ席へ向かいました。

少しだけ別の話をすると、キュートアイドルの尊さがとんでもなかった...。関ちゃん、乙倉ちゃん、小日向美穂ちゃん、ままゆ...。もう中の人も込みで凄かった...可愛かった…。楽園はそこにありましたよ…。

 

話を戻します。

 

2日目はTrinity Fieldやらねえだろうなと腹を括ってたのでほんの少し残念な気持ちもありました。ただ、sunshine see mayが披露された時に今日も来るのでは?とも考えました。

 

そして後半戦、Frozen Tearsを歌う加蓮を見てブワーっと泣いたり、NPBやNation Blueでテンションが上がったりして∀NSWERで最高潮に。

 

そしてイントロの光る螺旋が流れて来ました。

嬉しかったです。2回も見ていいんだ...と。

2回目はモニターとステージを交互に見ながらでしたが、凛と奈緒と加蓮が笑顔でサビを歌ってる姿が凄く印象的でした。

北条加蓮を担当してる身としては、最初の頃は自暴自棄になりかけていた女の子が、少しずつ前を見て、薄荷でたくさんの夢を叶えると歌って、ユニットデビューして、自分の全てを声にして思いをぶつけ合う喧嘩が出来る仲間に出会えて、大きいステージの真ん中で3人笑顔で歌っている。最高じゃないですか.....。凛と奈緒が僕のアイドルの加蓮を受け入れてくれた最後の証明にもなりました。Triad Primusが今後崩れることは無い1つのトライアングルになった瞬間だと思います。それも込みで凄く嬉しかった。

 

曲が終わり、ステージの真ん中にいるTriad Primusに送られる鳴り止まない大きな歓声と拍手、そして観客席から光る3色の青とオレンジの光。自分の担当がこれだけの歓声を浴びたんだ、という気持ちでした。

 

 

UO云々で色々ありましたね。

 

個人的な見解は、ありだと思っています。

青い光にポツポツと光るオレンジ色が僕には星のような、完成したトライアングルを祝う希望の光のような、そんな気持ちになりましたから。

そして何より、UOを折るほど、盛り上がる曲だし最高にカッコイイんだよ!とみんなが認めてくれたようにも思えました。泣いちゃうなぁもう...。

 

これには様々な意見があるし、仕方ないことだとも思ってます。

 

 

最後に、新規云々はまだコメントを出せません。どう転ぶか分からないし、僕としても今後への不安が勝ってますが、今は保留にします。

言いたいことは山ほどありますが、何も知らないままだからね。

 

 

久々の長文ブログになってしまったな。

誤字など見つけたらご指摘お願いします。

 

f:id:lo_chan:20181203171917j:image
f:id:lo_chan:20181203172008j:image
f:id:lo_chan:20181203171923j:image